サッシ

トステム デュオPG

毎日“快適”であることが、当たり前になるために。

人・住まい・そして環境。暮らしをとりまくすべての“快適ボーダーライン”として。

複層ガラス+αの対応が、これからの常識です。

デザイン

使いやすさはもちろん、インテリアの一部なるデザイン性の向上にこだわり、

豊富な開閉スタイル、デザインバリエーションをラインナップ。

住まい1棟分のトータルコーディネートが可能に。

引き違い窓

sasi1

台刑FIX窓・上げ下げ窓DH

sasi4

シンプルアートシリーズ

sasi7

オープンウィン

sasi2

ノンレールサッシ

sasi5

ガラスブロック窓

sasi8

シャッターサッシ

sasi3

採風勝手口ドア

sasi6

FIX窓(スリット)

sasi9

FIX窓(スリット)

sasi10

サークルFIX窓

sasi12

FIX窓(スクエア)

sasi11

菱形FIX窓

sasi13

カラーバリエーション

sasi27

基本性能

ライフスタイルの違いを超えてあらゆる人に必要な基本性能を徹底追及。

開口部のみならず住まいの全体の快適性を向上させます。

業界初の樹脂アングル(さらっとフレーム)

樹脂は非常に熱を伝えにくい素材です。

樹脂の熱伝導率(熱の伝えやすさ)はアルミの約1/1000といわれています。

デュオPGは内装材と接するアングル部に樹脂を採用。

温度差により発生する結露を抑え、結露による内装材の腐食を防ぎ、住宅の長寿命化に貢献します。

sasi19

断熱性・防露性に優れた複層ガラス

冷気・暖気の最大の侵入口である開口部において、

複層ガラスを採用すると断熱効果が高まり快適性がアップ。

冬暖かく夏涼しい室内温度を保つ事ができます。

また、複層ガラスは結露を抑えたり、遮音にも効果を発揮します。

sasi20

断熱性能次世代省エネルギー基準IV地域以南適合(H-2相当)

sasi21

※ガラス厚によっては、空気層12mmが確保できない事があります。

複層ガラスの空気層が10mm以下であればガラス中央部の熱貫流率は、

3.01(w/㎡・k)以下になります。

複層ガラスを標準仕様としたデュオPGは断熱効果による省エネルギー化に貢献。

冬暖かく、夏涼しい快適な暮らしで1年中心地よい室内環境をまもります。

開口部の断熱化による保温効果は、一日の室温変化にも現れます。

冬の日の一般サッシとデュオPGの保温効果の違いを見てみましょう。

下の図では、夜暖房を止めて就寝し、朝起きた時にどれだけ温度が下がっているかを比較しています。

急激な温度変化を抑える断熱・気密住宅の保温効果は、体への負担も少なく、

健康で快適な住環境といえます。

一般サッシを使った住宅とデュオPGを使った住宅では、どのくらい差があるの?
sasi22

さらに暖冷房費を抑えるから家計にもやさしい

sasi23

熱を伝えにくい「複層ガラス」は、快適な室温を長く保つので、

暖冷房エネルギーを削減でき、暖冷房費の節約になります。

[算出条件]

・住宅モデル(東京地区)次世代エネルギー基準評定モデル

 (2階建 延べ床面積147.4㎡/間口率28%)

・断熱仕様 一般住宅 平成4年省エネルギー基準適合 デュオSG+単板ガラス

 断熱・気密住宅 次世代省エネルギー基準適合 デュオPG+複層ガラスA12

・想定暖冷房機器 エアコン(在室時暖冷房、暖房設定温度22℃、冷房設定温度26℃、COP:3.0)

・想定暖冷房期間 暖房期 11月2日~4月22日、冷房期 6月22日~9月19日

・暖冷房負荷計算 SMASH ver.2

・温度低下計算 就寝時にエアコンの電源を切った直後から起床時にエアコンの電源を入れる

 直前までの温度低下を算出

・電気代 23円/kWh

安心・エコロジー

安心としての防犯機能はもちろん、

ライフスタイルの変化を考慮したユニバーサルデザインの工夫も充実。

環境への配慮も視野に入れた商品設計です。

泥棒の主な侵入口

侵入の手口の1位はガラス破り。通常のガラスは割りやすく、大半クレセントを開けるだけで、

簡単に侵入できるためです。2位はカギをかけていない無閉まり。外出時の2階の窓や縁側、

在宅中や就寝中の窓、ゴミ出しや立ち話の時の玄関も狙われやすいので注意しましょう。

sasi24

侵入しにくい窓の防犯対策

『うっかり防止クレセント』で確実にロック

窓の障子が確実に閉まっていない場合、クレセントが最後まで回らない『うっかり防止クレセント』を

標準装備しているので、確実にロックがかかります。

 

トリプルロックでさらに安心

標準装備のサブロックやクレセントに加え、「戸先錠」(オプション)を併用することで、

3点施錠となり、防犯効果がさらにたかまります。

戸先錠

sasi23

ダイヤル錠クレセント

sasi26